幕末の安政3年。

歸厚院は、地方最初の寺院として誕生しました。

 

当初は旧市街地にありましたが、明治23年の大火で焼失後移転。

現在の本堂は明治37年に完成いたしました。

 

大正7年、第5世野村定貫師が大佛造営を発願。

ところが第一次世界大戦終戦に伴う国際的変動・物価暴騰により日本経済は大混乱となり、

造営資金調達は困難を極めましたが、大正10年檀信徒の熱情により東京以北最大の木造大佛として開眼。

その後昭和29年に起きた岩内大火では市街地の8割を焼失するも、帰厚院は奇跡的に難を逃れました。

そして昭和44年には、町有形文化財の第一号に指定。

そしていよいよ令和3年。歸厚院は、開眼100周年を迎えます。

帰厚院で行う年間行事は

こちら

20181210_174458_edited.jpg

​毎月第一月曜日に開催しているカレーの日についてはこちら

​昨今問い合わせが多い永代供養墓についてはこちら

96383682_808337536359706_396479753486545

岩内をサイクリングできる

無料レンタサイクルについてはこちら

帰厚院札幌事務所に

ついてはこちら

​年間行事やその他活動についてのギャラリーはこちら

名称未設定のコピーのコピー2.png

​帰厚院(岩内)

北海道岩内郡岩内町字高台143

TEL 0135-62-0123

FAX   0135-62-2671

 

札幌寺務所

北海道札幌市北区新川西4条3丁目6-3

TEL 011-555-2111

FAX   011-555-1211

  • Twitter ホワイトアイコン
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Pinterest ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン

© 2020 All copy rights reserved by 帰厚院